Home Sagry

開発の経緯から、Home Sagryについて詳細な情報をお届けします。

①「開発の経緯」 
ー再配達における社会的損失とその対策についてー

1.宅配便と再配達の現状

近年インターネットを利用した通信販売(EC)の伸びとともに宅配便の取り扱いは増加している一方で、再配達が全体の約2割を占めています。
(Fig.1 国土交通省 2019宅配便再配達実態調査)


その結果、下図のような「労働生産性の低下」「CO2排出量の増加」が問題となっております。

2.国土交通省主導の「宅配便の再配達削減に向けた取り組み」

宅配ボックス設置が普及してきているとはいうものの、設置率は上がっていません。

3.置き配システムの導入

玄関先など指定した置き場所に荷物を置くことで配達が完了。 →ただし、雨に濡れてしまったり、盗難などの問題も発生しています

4.避難所での問題

②「Home Sagryの特徴」 

お名前を入れてノベルティグッズにもできます。

※こちらは予約販売となっており、入荷次第の発送とさせていただきますので
お時間がかかります。 予めご了承ください。 

商品はこちら ↓↓↓

https://alba-e.com/category/item/home-sagry/